丹田とは

薩摩丹田の由来

店名になっている『丹田』とは、人間体の中で一番気が集まると言われる、おへそから三寸下にあるツボのことです。
鹿児島から直送で届く、美味しい牛肉をたくさん食べて頂き、元気になって頂きたい・・・
ココに来ると元気になる!という場所を作りたい・・・
そんな想いから生まれたお店です。
鹿児島直送の黒毛和牛をはじめ、こだわりを持ってそろえたメニューの数々をお楽しみ下さいませ。

東京の中の小さな鹿児島 焼肉 丹田(たんでん)

美味しさと元気を届けるこだわりの一貫体制

丹田に届くお肉は、全て鹿児島のグループ直営農場及び契約農場で育てられた黒毛和牛です。
そしてそのお肉をお店に届けてくれるカミチクグループは食肉業界一貫グループとして、日本で初めてISO9001,ISO22000を同時取得しました。
また、2011年9月よりセシウム検査を行っています。
エサ作りから研究・飼育・製造加工を経て丹田に届く一貫体制だから、安心・安全と自信を持っています。

  • エサ作り

    エサ作り

    とびきりのご飯で健康の育てたい。それは生産者の牛への愛情です。

    飼料の原材料を厳選するのはもちろん、おいしくて安全な牛肉を作る為には飼料作りが重要なります。
    そのために、カミチクグループでは「TMRセンター」を設立。ここでは「TMR発酵飼育」と呼ばれる、九州地域各地の契約農家で収穫された飼料稲や麦ワラと焼酎の粕やパイン粕などの食品副産物を独自のバランスで配合した、栄養価の高いオリジナルの飼料が作られています。

  • 研究・改良

    研究・改良

    美味しさは遺伝する。組み合わせが重要。

    より上質なものを、短期間でよりたくさん。いつの時代も要求されるニーズですが、お客様の求めクオリティーは時代とともに変わっていくもの。
    お客様が本当に求めるお肉のニーズにすぐに応え、またそれを効率的に生産するためには母牛と種牛の愛称はとても大事なことです。カミチループが設立した「家畜人工受精所」では、元気な子牛を生むための組み合わせなど、体格・肉質の優れた遺伝の研究を行っています。

  • 育成・肥育

    育成・肥育

    ストレスフリーな環境で、のびのびと育てていきます。

    牛にストレスを与えない。これが美味しい肉を育てる秘訣です。
    牛舎にオルゴールの音楽を流したり、緑あふれる自然の中で子供を産ませたり、牛の寝床を頻繁に取り換えたりと、生産者は様々な工夫をしています。
    毎日毎日、一頭一頭に声を掛け健康状態もしっかりチェック。自分の子供の様に、愛情いっぱいに育てています。

  • 製造・加工

    製造・加工

    生産者が大切に育てた牛の命を無駄なく美味しい状態に。

    農場から食肉センターを通して製造ラインに運ばれた牛肉は、肉を熟知した多くの職人たちの目と手で処理されています。生産者が育てた牛の命を無駄にすることなく、より良い状態でお客様にお届けするために、日々その技を磨きあげています。
    また丹田で人気の「鹿児島和牛コロッケ」も自社グループ内で加工。次の人気商品を生み出すべく、日々考案と試作を重ねています。

  • 流通

    流通

    お店に届くまでも自分たちの手で。

    丹田に新鮮で美味しいお肉を届けてくれるのも自社グループのスタッフです。
    牛一頭を育てるのに多くの人の手が関わっていることを知っている自社グループのスタッフだからこそ、安心安全で新鮮な素材をお店に届けてくれるのです。